ディズニーシー風!餃子ドッグの作り方

今回は、ディズニーシー風の餃子ドッグの作り方をご紹介します。

餃子の要素・肉まんの要素を合わせたレシピでありつつ、ディズニーシーならでは(?)のポイントも押さえます。作る・食べるだけでディズニーシーに行ったような気分が味わえるレシピですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

餃子ドッグの作り方

1 材料

☆生地
薄力粉 150g
牛乳 80ml
砂糖 大さじ1
塩 ひとつまみ
ベーキングパウダー 小さじ2
ゴマ油 大さじ1

☆タネ
キャベツ 150g
豚ひき肉 100g
玉ねぎ 1/2個
☆しょうゆ 大さじ1
☆みりん 大さじ1
☆オイスターソース 小さじ2
塩 小さじ1/4

打ち粉用 薄力粉 適量

2 作り方

☆生地
① 薄力粉・砂糖・塩・ベーキングパウダーをボウルに入れ、泡だて器でよく混ぜる。

② 牛乳・ごま油を別の容器に入れ、混ぜたあと①に加え生地を作る。最初はヘラなどを使い混ぜ、全体がまとまったら手でこねる。

③ 生地をこねたら、乾燥しないよう蓋をし、10~15分置く。

☆タネ
④ キャベツは千切り、玉ねぎはみじん切りにする。

⑤ ④に塩を加えよく混ぜ、約5分置き水分を抜く。

⑥ 豚ひき肉に☆を加えたあと、水気を絞った⑤を加えよく混ぜる。

☆仕上げ
⑦ 生地を2つに切り、打ち粉をして生地を伸ばす(大きさは下記の画像参考)。

⑧ 伸ばした生地にタネを加え、生地で包む(包み方は下記参照)。

⑨ キッチンシートを敷いた蒸し器で⑧を強めの中火~強火で15分蒸し、完成!

3 レシピのポイント

今回は、肉まんのエッセンスと餃子のエッセンスが混じるポイントのほか、ディズニーシーらしさ(?)を合わせてご紹介します!

まずは生地を作ります。今回は食事というよりも「おやつ」感覚を意識し、少し砂糖を多めに加えています!

次に、タネを作ります。野菜はニラ・ネギ・ニンニクといった香味野菜を入れず、キャベツ・玉ねぎで作ります。

ディズニーシーの餃子ドッグは少し優しめの味であった印象があり、「ディズニーシーは口臭予防まで気にしてるのでは(!?)」と思い、これらの野菜で作った次第です。

また、野菜に塩を振り5分ほど置き、水分を抜きましょう。そうすることでふんわり・かつ中身が詰まったような食感を得ることが出来ます。

そして生地を伸ばし、生地でタネを包みます。

この際、ポイントとして「蒸し器」に入る大きさにあらかじめ調整しましょう!包んでから「入らなかった」では遅いので・・・!

そして生地の包み方です。ご家庭では、①生地をつまむ

② つまんだ生地の下に周りの生地を入れ、突起を作る

手順で行うと、餃子ドッグならではの形が出来ました。

あとはクッキングシートを敷き、生地を蒸して完成です。

ベーキングパウダーが入っているぶん、生地と生地の間が近いとくっついてしまうため、生地と生地は離すようにしましょう。

また、鍋と金型の蒸し器で蒸す際は、濡れタオルを蓋に被せ、水滴で生地が濡れないようにしましょう。

ご家庭で、かなり美味しい餃子ドッグが完成しました!

餃子ドッグ まとめ

【point】
① 砂糖ちょい多め・香味野菜入れない
② 野菜の水分を塩で抜く
③ 蒸し器の使い方(生地の大きさ・蓋に濡れタオル)

今回は、餃子ドッグの作り方をご紹介しました。

食感・味ともに、かなり近いものが出来ました!ご家庭で夢の国に行ったような気分が味わえるほか、パーティーや出し物としても面白いですし、味も折り紙付きのレシピです。ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事